日々なるほどの積み重ね

日頃の疑問や悩み、改善案など、ちょっとした「なるほど~」をお届けします

季節行事

ひな祭りの定番料理であるちらし寿司のいろどりに最適な食材は?

投稿日:2015年12月23日 更新日:

a1020_000224

ひな祭りに子供も大人も食べたいと人気のメニューが「ちらし寿司」です。
色鮮やかな飾り付けで、見た目も楽しませてくれますよね。

ですが、その飾り付けに「何がいいんだろう?」と悩むこともしばしば。
「飾ってみたけど何か足りない??」というときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ひな祭り料理の定番ちらし寿司

ちらし寿司の飾り付け、いろどりで定番のものといえば
「錦糸卵」「絹さや」ですよね。

黄色と緑色のコントラストが綺麗なのですが、
ちょっと物足りなさを感じませんか?

そこに「赤色」を加えることによって
さらに華やかさが増し、より料理も美味しそうに見えるようになりますよ^^

では、その赤色にはどんな食材がいいのでしょうか?

ちらし寿司のいろどりに加えたい食材とは?

ちらし寿司に合いそうな「赤色」の食材をいくつかご紹介します。

プチトマト

輪切りにしたり、半分に切ったりしたものを使いましょう。

イクラ

中心にボンっと添えるだけでも存在感があります。
醤油漬けのものを利用すると、味のアクセントにもなりそうです。

海老

茹でたり蒸したりしたものを使うのがいいですね。
色がはっきりとでてくるので彩には向いています。

マグロ・サーモン

薄切りにしたものをそのまま飾っても良いのですが、
クルクル巻いて花のようにしたものを添えることで
よりちらし寿司の華やかさも増しますよ。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
たった1色の色を足すだけで、料理の顔がグンと変わります。

「美味しい料理をより美味しくする」
このちょっとしたひと手間ですが、
素敵な時間を作ってくれること間違いなしです^^

みんなで笑顔のひな祭りを過ごしてくださいね♪

スポンサーリンク

-季節行事
-,

執筆者:

  関連記事

関連記事

バレンタインのプレゼントでもらって困るモノは何?

  2月14日のバレンタインデー。 チョコレートと一緒にプレゼントを渡そうと考えているあなた! ちょっと待って下さい。 あなたが考えているプレゼント、実は迷惑に思われてしまうかもしれません。 …

七草粥の七草って何があるの?夜に食べる?餅入り?

1月7日に食べる「七草粥」。 現在のこの習慣は、江戸時代に広まったそうです。 スポンサーリンク 「七草粥」について「そういえば・・・」ということが意外とあります。 今回は、そんな「七草粥」についてです …

七五三の服装で母親は何を着る?和装?洋装?色味はどうする?

スポンサーリンク 子どもの成長を祝う七五三。子供の着るものはすぐに決まるけど、母親はどんな服装にすればいいのでしょうか。着物がいいかな?それともスーツかな?と迷ってしまいますよね。では、一般的にどのよ …

鏡開きって何?いつするの?

お正月に飾った鏡餅を下す「鏡開き」。 そもそも鏡開きってなんなのでしょうか? スポンサーリンク

no image

冬至の意味って?かぼちゃを食べる由来は?なぜゆず湯に入るの?

平成27年(2015年)の冬至は12月22日です。 冬至といえば、かぼちゃの煮つけを食べ、ゆず湯に入ったりしますよね。 テレビのニュースなどでも動物がゆず湯に入っている可愛らしい姿が報道されたります。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)