日々なるほどの積み重ね

日頃の疑問や悩み、改善案など、ちょっとした「なるほど~」をお届けします

季節行事

母の日にもらった鉢植えのカーネーションを育てるポイントは?

投稿日:2016年3月1日 更新日:

a0005_000061

母の日にもらった鉢植えのカーネーション。
せっかくだから長く花を楽しみたいし、来年も咲かせたいですよね^^

でも、なぜかすぐ枯れてしまうなんてことはありませんか?

今回は、鉢植えのカーネーションを育てるポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

鉢植えのカーネーションを育てる3つのポイント

鉢植えのカーネーションを育てるポイントは、3つです。

①水やり

水は、土が乾いた時にたっぷりと与えるようにしましょう。ただし、乾かしすぎも株の不調の原因になりますので気をつけてください。鉢は乾きやすいので注意です。また、何日に1回と決めて水やりをすると、水が多すぎたり少なすぎたりと過不足が生じてしまうので避けるようにしましょう。

②日光

カーネーションは、日光が好きな植物なので、日当たりのよいところに置きましょう。プレゼントでもらったばかりのカーネーションは、まだ日差しに慣れていなかったりするので、最初は半日陰くらいのところに置いて徐々に直射日光に当てていくようにするのも効果的です。ただし、暑さに弱いので夏場などは日陰に置いた方がいいですよ。

スポンサーリンク

③鉢替え

母の日などプレゼントでもらったばかりの状態のカーネーションは、小さ目の鉢に植えられていることが多いです。ですので、1~2回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。小さい鉢のままだと、根がグルグルになり根詰まりを起こして水分や養分をうまく吸収できなくなったり、水はけが悪くなり根腐れの原因にもなったりします。

鉢植えカーネーションの日々のお手入れはどうする?

「水やり」「日光」「鉢替え」のほかにお手入れとして気をつけておきたいのが、「枯れた花や蕾を取る」「枯れた茎もあったら、生きている茎の所まで切り戻します(なるべく節の上で切る)」「黄色くなった下葉を取り除く」という作業です。

咲き終わって枯れた花や蕾は、もう咲きませんのでそちらに余分な水分や養分がいかないようにするために取り除きます。枯れた茎や黄色くなった下葉は、そのままにしておくと病気の原因になったりするので取り除いて風通しをよくしてあげましょう。

カーネーションの花が咲き終わった後は?

カーネーションの花が咲き終ったら、「切り戻し」という作業をします。このとき、鉢替えをしていなかったら一緒にしてあげるといいですよ。切り戻す目安としては、半分から3分の2程度がいいです。切り戻すことで梅雨時期の蒸れ防止にもなります。

まとめ

いかがでしたか?母の日のカーネーションは、管理が難しいと言われていますが、ちょっとしたひと手間で長く楽しめることができるようになります。せっかくの思い出の花ですもん、大切に育てていけたらいいですね^^

スポンサーリンク

-季節行事
-

執筆者:

  関連記事

関連記事

七草粥の七草って何があるの?夜に食べる?餅入り?

1月7日に食べる「七草粥」。 現在のこの習慣は、江戸時代に広まったそうです。 スポンサーリンク 「七草粥」について「そういえば・・・」ということが意外とあります。 今回は、そんな「七草粥」についてです …

上司への年賀状宛名やデザインはどうする?添え書きは?

上司への年賀状を出すべきかどうか迷いますよね。 そんな時は、職場の先輩に聞くのがいちばんです。 会社によっては、原則禁止なんてところもあるようなので、 基本は社風に従うのがいいでしょう。 スポンサーリ …

ひな祭りの定番料理であるちらし寿司のいろどりに最適な食材は?

スポンサーリンク ひな祭りに子供も大人も食べたいと人気のメニューが「ちらし寿司」です。 色鮮やかな飾り付けで、見た目も楽しませてくれますよね。 ですが、その飾り付けに「何がいいんだろう?」と悩むことも …

忘年会の景品選び!アイデアやおすすめ商品はコレ♪ウケ狙いも

スポンサーリンク 職場の忘年会で盛り上がるイベントといったら「ビンゴゲーム」です。 といっても、目当てはその景品なのですが(笑) ですが、その景品を選んでくる幹事になったらさあ大変。 今回は、忘年会の …

七五三の時期に喪中の場合、お参りや写真撮影はどうしたらいい?

スポンサーリンク 今年の春、私の祖母(母方)が亡くなったため喪中です。11月に3歳の娘の七五三のお祝いをしようと思っていたのですが、祖母が亡くなっているため、やろうかやらないか迷っています。娘はひ孫に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)